休養日の重要性について

休養日の重要性について

体を回復させる時間を与えることがなぜ大切なのか?その疑問について深く掘り下げてみましょう。休息日はどのくらい重要なのでしょうか?
特定のスポーツや筋力アップの目標、あるいは単に健康維持のためなど、どんな目的でトレーニングをしているにせよ、休養日を設けることは予想以上に大変なことです。
運動は、ストレスを発散させ、仕事から解放され、健康的な身体を維持するために、とても良いものです。トレーニングが日課になり始めると、特にトレーニングの成果が出ている時ほど、休むことがだんだんと難しく感じられるようになるかもしれません。
また、友人たちがソーシャルメディアで自己ベストやトレーニングの成果をシェアしているのを見ると、断りきれずに何日も何週間もトレーニングを再開してしまうかもしれません。
しかし、どのトレーニングプログラムにも休息日が設けられているのには理由があります。今まで休養を取らないでいた人は、この機会に休養日を設けましょう。
休息は、数日間に及ぶ過酷なトレーニングの後、体が修復される時間です。休息日を定期的に設けることで、肉体的にも精神的にもメリットがあります。ここでは、休息日が重要である理由のいくつかを紹介します。

休息日は筋肉を成長させるチャンスです。

トレーニングをすると、筋肉は微細な損傷を受けて、さらに強くなります。次にトレーニングをするとき、同じトレーニングやそれ以上のことをこなせるように、身体はこれらの損傷を修復するための時間を必要としています。
筋肉の修復にかかる時間は、トレーニングの強度、年齢、遺伝、現在のフィットネスレベルなど、多くの要因に左右されます。一般的な目安として、週に少なくとも1回は完全な休息日を設け、低強度のトレーニングを2回ほど行うとよいでしょう。

休息はケガの可能性を減らす

肉離れを起こした場合、修復する機会を与えなければ、肉離れはますます進行します。そして、筋肉を酷使することで、捻挫や炎症を引き起こす可能性があります。ボディビルダーを例にとってみると、週に何度も筋肉グループを分けてトレーニングしています。そうすることで、各主要筋群が数日間の休息を取り、修復と強化に十分な時間をかけ、次のワークアウトに備えます。
骨も同様です。特にランナーは、歩くたびに体重の衝撃を吸収し、脚に大きな負担をかけています。骨もまた、修復、強化され、何度も同じ強さに耐えられるように準備する時間が必要です。ストレス骨折やシンスプリントは、オーバートレーニングで十分な回復や休息時間を考慮していないランナーに非常によく見られます。

休息日はモチベーションを維持する

前述したように、私たちがオーバートレーニングや休息を避ける傾向にあるのは、トレーニングが好きであったり、特定の目標を達成することに集中していたりするためです。しかし、人生には何事もそうですが、やり過ぎるとその魅力が失われ、好きでなくなる危険性があります。
人生は何事もそうですが、やりすぎるとかえって楽しみがなくなってしまうものです。回復の日、または少し違うことに焦点を当てた軽いトレーニングの日は、トレーニングのありがたみを知ることができます。
また、停滞期が始まり、トレーニングの結果が出なくなると、やる気をなくしてしまいがちです。このような状態になると、体が修復されるまでの時間が短くなり、次に大きな成果を出すための体力が不足してしまいます。

どれくらい休めばいいのでしょうか?

人によって異なりますが、一般的には週に最低1日、運動を始めたばかりの人なら2~3日は完全な休息日を設けるとよいでしょう。
運動しない日だけでなく、「アクティブ」な休息日も設けると、主なトレーニングを休ませながら、体のさまざまな代謝機能を高めることができます。例えば、筋力トレーニングをメインにしている人は、1週間のうちにジョギングやサイクリングを取り入れ、筋力だけでなく心肺機能も鍛えましょう。

休息日の栄養補給はどうすればよいですか?

休息日は、トレーニング中よりもずっと空腹を感じるかもしれません。激しい運動は食欲を抑制するため、交感神経のスイッチが切れて副交感神経に戻ると、空腹感などの主要な機能が突然復活し、以前にも増して大きくなったように感じます。
また、筋肉に生じた疲労を回復させるために、身体はさまざまなサポートを求めています。そこで、タンパク質と炭水化物を多く含む良質な燃料を補給し、修復を速やかに行い、次のトレーニングのためのエネルギーを蓄えておきましょう。